042-705-3201

ブログ

2017/07/19(水)

私たちがトリガーポイント(硬結部位)に対して犯している罪

カテゴリー:腰痛

 

 

 

 

 

 

From志賀祐介

 

 

 

本日も疼痛治療に関するアイデアやヒントを

お伝えしたいと思います。

 

 

 

先日は名古屋でセミナーを開催させて頂きました。

 

 

 

そこで頂いた質問についてお答えしたいと

思います。

 

 

 

皆様本当に勉強熱心で頭が上がりません。

 

 

 

「よく硬結部位(いわゆるトリガー

ポイント)がありますがそこを

治療した方がいいのですか?」

という質問です。

 

 

 

確かに硬結部位は皆さんが気になることが

多いと思います。

 

 

 

よく「凝ってますねー!」と言われるような

ところです。

 

 

 

これに関してははやりそこを狙って

マッサージをしたいと考えるはずです。

 

 

 

しかし痛みの治療においてはどう

対処すべきか、という話です。

 

 

 

この硬結部位は実は種類があります。

 

 

 

一つは「活動性」の硬結部位、そして

もう一つは「潜在性」の硬結部位です。

 

 

 

活動性の部位に関しては押して

「痛みの出る」所と考えて下さい。

 

 

 

潜在性の所は押して「痛くはないけれど

固いところ」と考えて下さい。

 

 

 

火山なんかをイメージするといいのですが

活動性はまさに爆発しているような状態で

痛みが出ているポイントです。

 

 

 

反対に潜在性は痛みは出ていない、下の

マグマに値する部分ではありますが、まだ

症状は軽度な状況です。

 

 

 

そしてどちらを狙うのかというのが重要

ですが、ズバリ「活動性」の部位です。

 

 

 

ここが痛みの原因となることが非常に

多いからです。

 

 

 

しかし、その部位を直接押して

マッサージを行おうとするともちろん

痛みが出てしまいます。

 

 

 

そこで使って頂きたいのが「つながり」です。

 

 

 

その痛みの部位は他の組織と繋がっており、

特に筋膜で密接に関連しています。

 

 

 

例えば腰に固い部位があり、押すと痛い

部位があったりします。

 

 

 

そこはマッサージをしても痛い部位です。

しかしそこと関連している他の部位は

押しても痛くないのです。

 

 

 

そのためそこの痛くない所を刺激して、

本来痛みのある部位を調整することが

できるのです。

 

 

 

ただ、これにはしっかりとどこが

つながっているかを理解する必要が

大前提あります。

 

 

 

そしてそのつながりは複数あるためどこの

つながりが強いのかを個別に判断する

必要があります。

 

 

 

それにはちょっとした「コツ」があります。

 

 

 

この「コツ」が分かればこの痛みの原因を

簡単に特定することができ、痛みを

取り除くことができるのです。

 

 

 

その「コツ」を使って治療しています。

↓↓

トップページ

 

 

 

10月12日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

診察予約は今すぐお電話で

042-705-3201

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。