042-705-3201

ブログ

2017/07/17(月)

円背の方に対して考えておきたい筋膜ラインとは?

カテゴリー:腰痛

 

 

 

 

 

From志賀祐介

 

 

今回は猫背に関わる筋膜

スーパーフィシャル・フロント・ライン

(Superficial Front Line:SFL)について

考えていきたいと思います。

 

 

SFLは、足背から頭蓋後面まで、身体前面

全体を接続しています。この筋筋膜経線は、

指趾から骨盤までと、骨盤から頭までの2つ

の部分からなります。

 

 

 

 

立位で股関節が伸展する場合、筋筋膜が

統合された1本の連続ラインとして機能します。

 

 

SFLの全体的姿勢機能はスーパーフィシャル

・バック・ライン(前回参照)とのバランスをとり、

重力線より前で伸展する骨格部分、すなわち

恥骨、胸郭、顔を持ち上げるために上から

張力で支えることです。

 

 

SFLの筋筋膜は膝の姿勢的な伸展も維持、

SFLの筋は身体の前面を飾る柔らかく繊細な

部分を防御できるよう待機し、腹腔の内臓を

保護しています。

 

 

SFLは厳密には趾骨先端周囲の筋膜を介して

SBLとつながりますが、この2つのラインは

反対の機能を示します。

 

 

SBLは足趾を屈曲させ、SFLは足趾を伸展

させます。

 

 

全身の矢状方向の姿勢バランス(A-Pバランス)

は主にこの2つの筋筋膜経線の関係がゆるむ、

あるいは緊張することで維持されています。

 

 

ちなみに体幹と頸部ではこの2本にディープ

フロントラインが加わってバランスを完全かつ

複雑なものにしています。

 

 

筋膜でみると状況に応じてSFLは下方へ、

SBLは上方へ移動することが多い傾向に

あります。

 

 

SFLの全体的運動機能は体幹と股関節の

屈曲、膝の伸展、足の背屈を行うことです。

 

 

ではこのラインの中で特にどの筋を調整

していく必要があるか。

 

 

「胸鎖乳突筋」です。

 

 

胸鎖乳突筋はディープフロントラインにも

関係しており非常に重要な筋となります。

 

 

また胸鎖乳突筋はSFLの第4の最上部

の筋とも言われ体幹への関連が強く示唆

されます。

 

 

SFLを張らせると、体幹の屈曲が発生します

が頸部の上端では過伸展が生じます。

 

 

高齢の方の姿勢でイメージがつきやすいと

考えます。円背の方の頸部は伸展している

のが胸鎖乳突筋やSFLが関連している、

ということにつながります。

 

 

そんな方は是非この胸鎖乳突筋を調整

してみて下さい。

 

 

頸部周囲のトーンも調整できますし、姿勢

も改善されやすくなりSFLの関連より痛み

の緩和にもつながります。

 

 

いかがでしょうか。

 

 

まずは評価、そしてつながりを理解し

治療することが重要です。

 

 

その知識を使った施術をご希望の方はこちら

↓↓

トップページ

 

 

 

10月12日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

診察予約は今すぐお電話で

042-705-3201

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。