042-705-3201

ブログ

2017/08/07(月)

ぎっくり腰になりやすい人、注目!

カテゴリー:ぎっくり腰

 

 

 

 

 

 

 

From志賀祐介

 

 

 

本日も疼痛治療に対するアイデアやヒントを

お伝えしたいと思います。

 

 

 

今回はぎっくり腰についてです。

先日も突然のぎっくり腰に襲われどうしようも

なくなってしまった、という方がいました。

 

 

 

ぎっくり腰は以前にも説明しましたが

急性の腰痛です。

 

 

 

特にひねり動作で急に起きることが多く、

慢性的な症状は疲労からくることが多いです。

 

 

 

日常生活の中で不良姿勢が長い方も

やはり一つの原因となります。

 

 

 

また筋力低下により腰周りの筋力が弱く

適切な姿勢が保持できず腰周りの筋肉に

過度の負担となり生じることもあります。

 

 

 

受診にいっても画像では明確とならない

ことが多いです。

 

 

 

症状は・・とにかく痛い!

 

 

 

安静や投薬により時間と共に軽減する

ことがありますがはやり予防は重要です。

 

 

 

治っても繰り返し症状が出現するのは

嫌ですよね・・。

 

 

 

もちろん基本は生活動作を気を付ける

というのが大前提です。

 

 

 

特に重たいものを持ち上げる時は身体に

引き付けて持ち上げる、

 

 

 

椅子に座る際はやや高めの椅子に

腰かけ過度の腰椎の動きを減らす、など。

そして繰り返しますが同一姿勢をとることは

やはり要注意ですね。

 

 

 

腰痛体操などもありますが中々

症状が緩和しないこともあります。

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

「腰以外が原因でぎっくり腰に

なることがあるからです。

 

 

 

身体は筋膜によってほぼ全身が

つながっています。

 

 

 

つまり腰につながっている筋や

筋膜が原因で痛みが生じることが

あるのです。

 

 

 

もちろん痛みは腰に出るのですが

以外な所が原因でなるものです。

 

 

 

その一つが「首」です。

 

 

 

特に「斜角筋」は要因となりやすい

筋とされています。

 

 

 

つまりこの斜角筋を調整すれば

ぎっくり腰の症状も緩和されるという

ことが多々あります。

 

 

 

動けないほどのぎっくり腰の

場合は特に腰を触られるだけで

痛みが強くなるということもあります。

 

 

 

そんな際には是非この斜角筋から

調整をしてみてください。

 

 

 

ご自身で行なう場合は鎖骨の内側

の上を首の方に向けて指で少し

圧迫してマッサージするだけでも

効果があることがあります。

 

 

 

ただこの適応はぎっくり腰の原因が

斜角筋にある場合です。

 

 

 

しっかりと事前に評価を行い

原因の特定が必須となります。

 

 

 

闇雲にマッサージをすることは

痛みの増悪の原因になりかねない

ため専門家に相談してください。

 

 

 

しかし今まで症状が腰で

改善できなかった方は思わぬ

きっかけになると考えられます。

 

 

 

相談の上無理なく取り組んでみて

下さい。

 

 

ご相談はこちら

↓↓

トップページ

 

 

 

 

11月23日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

診察予約は今すぐお電話で

042-705-3201

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。